ママとパパのまとめ

各自治体の育児関連のニュースや、保育行政について思うことを書いていきます。ほか、子育て世代のママやパパが気になる話題をまとめます。 育児や家事、共働き夫婦の役割分担など、「どうしたらいいのかな?ほかの家庭ではどうなっているのかな?」といった ママ・パパの助け&気分転換にでもなれば幸いです。雑談ぽいものもまとめますよ。

ニュース

1: 匿名希望
読売新聞(YOMIURI ONLINE)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170306-OYT1T50015.html

公益財団法人「仁泉会」が運営する産科医院「セイントクリニック」(福島県伊達市)で2015年、帝王切開手術を受けた県北地方の30歳代の妊婦の腹部に医療用ガーゼを置き忘れるミスがあったことがわかった。

同会が5日までに公表した。

 仁泉会などによると、女性は同年11月、帝王切開手術で男児を出産。その後、体調不良を訴え続け、16年8月に県立医大で診察を受けたところ、体内から2枚のガーゼが巻かれた形(直径3・5センチ、長さ9センチ)で見つかり、摘出した。
ガーゼは、手術時に血や羊水が飛び散らないように使用。取り忘れのないよう、縫合前に枚数を必ず数えるが、確認が漏れてミスにつながったという。仁泉会は読売新聞の取材に対し、「確認不足だった。再発防止に向けて対策を見直している」と話した。

 女性が4日夜、読売新聞の取材に応じた。「手術直後から経験したことのない激痛だった」と話し、退院後、縫合痕からうみが出る日が続くなどで体調は回復しなかったという。県内外の病院を転々とし、
県立医大で摘出したが、今も腹部の張りは続くという。女性は「子供の成長をしっかりと見られなかった。二度と繰り返さないでほしい」と訴えている。

2017年03月06日 16時51分

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 匿名希望
TBS系(JNN) 1/11(水) 20:12配信
 転勤によって「結婚がしづらい」と感じている人が、およそ3割に上ることがわかりました。

 労働政策研究・研修機構が会社での「転勤」について、全国のおよそ1900社、
社員およそ5800人を対象にした調査で、転勤で「困難に感じたこと」を聞いたところ、
「結婚」を挙げた人が男性でおよそ3割、女性でおよそ4割に上りました。

 また、「子どもを持ちづらい」と感じている人は男性でおよそ3割、女性でおよそ5割に上ったほか、
「育児がしづらい」と答えた人が半数以上、「介護がしづらい」という人は7割以上でした。

 一方、企業の8割近くが転勤の期間や時期などのルールを定めていませんでした。
厚生労働省は、ワークライフバランスを推進するため、
企業向けに転勤に関するガイドラインを作ることにしています。(11日17:13)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 匿名希望
裁判官の家の前にも保育園建てばいいのに


神戸新聞NEXT|社会|「保育園から騒音」近隣住民の請求棄却 神戸地裁
https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201702/sp/0009902234.shtml

神戸市東灘区の保育園近くに住む男性が、園児らの声は生活に支障をもたらす騒音だとして、園を運営する岡山県津山市の社会福祉法人「鶯園」に100万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で神戸地裁は9日、請求を棄却した。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 匿名希望
 女優の芦田愛菜(12)が、都内の名門私立中学に合格し、今春から進学することが10日、分かった。

 同中学は、偏差値70を超える首都圏では最難関校の一つとして有名。芦田は、女優業のかたわら、大手の中学受験予備校に通い、見事にサクラを咲かせた。 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 匿名希望
「カメラに何げなくピースのサインをするだけで、指紋が出回ってしまう」。指紋の盗撮防止技術を開発した国立情報学研究所の越前功教授は、こう警鐘を鳴らす。

顔と手を一緒に撮影した写真をネットに掲示すると、個人と指紋を特定される恐れがある。大量に画像が出回る著名人は特に狙われる危険性が高い。
自分で投稿しなくても、他人が撮影した写真に知らないうちに写り込むリスクもある。

また、スマートフォンの認証には指紋のほか、顔の画像、模様が人によって異なる目の虹彩なども利用されている。こうした生体情報は
行政機関や企業の入退室管理にも利用されている。個人の生体情報を盗み取るには従来、その人に接近して撮影する必要があった。 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ